世界ふらふら放浪記

雑記と人生の備忘録

#ヨーロッパ

2018年 旅のお買い物全集

2018年に旅をしてきたドイツ、チェコ、キューバ、メキシコで買ったもの大全集を作ってみました。 どうでもいいネタですが、いろいろおもしろいものもあるのでよかったらご覧ください。 あと、前に載せたものもあって一部かぶってますが、大全集なのでまとめ…

2018年の旅を振り返って

2018年という年は、振り返ると少し特別な一年だったと思う。 この旅はもともと友人の住むプラハに行く予定をしていて、前の年から準備を始めていた。年末にチケットを買い、さあのんびりリサーチでもしようかという時に不意に転職の話がやってきて、約12年働…

Is life beautiful?

どうも。 会社のそばにあるがらんとしたオフィス。広告も張り紙も一切ないのが気になって不思議に思い検索をしてみたところ、外国人投資家向けらしき億ションしか扱わない不動産であることが判明し、以来ネットの広告に億ション物件ばかり出るようになって戸…

旅先での短期滞在アパート

さて、メキシコシティの話をする前に短期滞在アパートについて話してみたいと思います。 自分の旅のスタイルとして昔からよくやっていたのが「短期滞在アパートを借りてホテル代わりにする」です。だからairbnbという仕組みができてから民家を借りるのが本当…

テレビ塔

今度はベルリンのテレビ塔特集です。 特集と言っても単にテレビ塔を見て興奮して撮っただけの写真です。 はじめに言っときますけどオチは一切ありません。 (どこに写ってるの?と思う写真もありますが、ちゃんといます) ではいきます! かわええ~~~ も…

ベルリンの地下鉄

さて、今日はベルリンの地下鉄総集編をお送りします。 取り立て特別なことはないのだけど、ほかの国の電車って興味あります。 都市によって個性があるような気がしています。 特にヨーロッパは。 なお、個人的にはパリが一番、次がロンドン。ローマは最悪。 …

「バスのチケット一枚ください」

このブログの中で個人的に気に入っているカテゴリーがこの「イタリア悲喜こもごも」です。今繰り返し読んでもつくづくユダヤ人に間違ってポークエキスの入ったラーメン食べさせちゃった友達の話は笑えるし、ボヤ騒ぎでバイトの上司にボロッカスに怒られてふ…

一年前

ちょうど一年前。 I was in Berlin! えーっとね、この駅は美術館行くために降りた駅。 緑がとてもきれいな季節だった。 風はキリッと冷たくてまだまだ寒いけどね。 ベルリン、カレー味のホットドッグ食べなかったことだけは後悔。 なんとなーくアウェイ感を…

さようならプラハ

空港についてチェックイン。 早々に終わってその辺で待ってたら、向こうのカウンターから二人がすごい勢いでダッシュしてくる。なんかあったのかと思ってびっくりしてどうしたの?って聞いたら、中国人の団体客がちょうどチェックイン終わって手荷物検査に行…

DAY7: プラハ最後の夜

(あのコーナーにはお気に入りのレストランがある) ドリスデンから帰ってきたあとに、夜ご飯までまだ時間があるからとのことでちょっとプラハ市内を最後に観ることに。up to you! なんて言われるけど、もう存分に観光したから観たいところがどこか分からな…

DAY7: ドレスデン日帰り旅行(2)

ドレスデン続きます。 この街のハイライトはこの教会のある歴史的地区。 もう一つのハイライトはこのツヴィンガー宮殿です。 ここには青磁器コレクションが有名で、実は食器で有名なマイセンはここからすぐの街が発祥なんですって。そっか、ドイツも食器って…

DAY:7 ドレスデン日帰り旅行(1)

プラハ最終日は、チェコを抜け出してお隣の国ドイツへ再び上陸し、ドレスデンへ日帰り旅行に出かけました。今回の旅はもう本当に盛りだくさんのイベントが多すぎて、朝は早く夜も遅いで日記を1ページも書く間もありませんでした。 ちょうど土曜日。 パスポー…

DAY:6 夜のパサージュめぐり

お夕飯のあとはそのまま帰らず少し散歩しながらトラムの停留所まで歩くことに。 プラハはとにかくパサージュが多いです。 まずは、大きなデパートのような建物があります。 多くの建物には非常に特徴的な共通点があって、 一階はショッピングエリア 二階は喫…

DAY6: 旧市街広場でお夕飯

さて、カレル橋を終えて旧市街広場へ。通りを埋め尽くさんばかりの人です。 しつこくてすみませんが、工事中の時計台です。 いつ来たって絵になる風景がズラリ。 今日の夜も友達(妹)とおにーちゃんといつもの場所で待ち合わせをしていますので、どうしても…

DAY6: カレル橋

プラハにきたらやっぱりカレル橋は一度渡っておきたいので、これからそっち方面に向かいます。 今回お世話になったガイドブックの表紙になったお店をまた写真撮った。 そうだ。思い出した。この広場にある教会に入ってみようと思ったんだ。 (有料だったので…

DAY6: (続)プラハでしたい更に8つのこと

動物園、すっかり長居してもうお昼を過ぎた。 バスでまずは駅まで戻り、今度は地下鉄乗らずにトラムに乗り換えます。 降りる停留所を逃すまいと、かなり神経質になり真剣に乗ってきました。 (無事に降りました) 方向感覚がわからずしばし立ち止まる。 あの…

DAY6: プラハ動物園(2)

続きです。 動物園の目玉といえば、きっと人によってそれぞれ違うと思いますが、おそらく象は外せないのではないでしょうか。 象は象でも種類があって、ここのはインド象でした。 よくわかんないけど小ぶりの象でした。 これなんでしたっけ。(ミーアキャッ…

DAY6: プラハ動物園(1)

とうとうプラハ滞在6日目になりました。 6日も経ったなんてちょっと信じられない。 朝起きた時に友達(妹)が昨晩は何度も夜中に目が覚めてしまい寝不足だと言い、私もめずらしく昨日は何度も目が覚めたと言ったらおにーちゃんもそうだったと言い、「月のせ…

DAY5: 帰り

お夕飯の帰り。 プラハは治安もいいし物価も安いし人は穏やかだし英語は通じるし街はいろんなもので溢れてるしヨーロッパ諸国にも近いしお酒は安いし食べ物は美味しいし差別的なものもほぼないし、外国人が住むには本当に居心地のいい街だなって思いました。…

DAY5: お夕飯

5日目の夜は、午後自由行動からお夕飯に直行しました。 が! 行った先はかなりシックなレストランでした。 ねーねー、私パーカーとスニーカーで来ちゃってるんだけど(わたし)。 大丈夫だよ、俺だって仕事帰りだよ(おにーちゃん)。 大丈夫よ、私も普段着…

DAY5: プラハでしたい6つのこと

さて、5日目のプラハ歩きは遂に自由行動の日がやってきました~。 超穴場隠れ家カフェでコーヒーをいただき、おにーちゃんは職場へ、友達(妹)は家に帰って仕事するなりメールチェックするなりお昼寝するなり自由行動。 じゃーねーバイバーイ! やった~!…

DAY5: 裏プラハ案内

ランチのあとは再び旧市街をお散歩。 柄にもなくガーリーなお店に入ってしまいました。。。 おみやげのジンジャークッキーでかわいいのを見つけて入りました。 (写真はあとでアップします) 友達(妹)もここでプラハの手焼きクッキー大袋をベオグラードの…

DAY5: お昼ご飯

プラハ5日目は朝のんびりしすぎて午前中を棒に振りました。。。 本当は滞在先の近所をお散歩するか、一人で先に市内に行ってカレル橋でも見ようかと思っていたのですが、友達(妹)に「今から出かけたらおにーちゃんとのランチの待ち合わせに間に合わないよ…

DAY4: プラハ旧市街お散歩(2)

トラムのすれっすれを通り過ぎてもう一つの秘密の場所へ。 小さなアーケード街。 この細かいモザイクステンドグラスがすーーーーーい!! え~とそういえば今思い出したのですがなんかエピソードあったなあ。 なんだっけ。 電気の発明家にちなんだ作品だとか…

DAY4: プラハ旧市街お散歩(1)

お昼もおやつもたらふく食べてもう苦しくて仕方ありません。 では、友達(妹)の案内でプラハ市内観光スタートです。 まず手始めに「プラハのキディランド」に連れて行ってくれました。 ここで友達(妹)がむか~し私がこれがかわいいと言ってたことを覚えて…

DAY4: おどろきの市民会館

Imperialでランチのあとは、コーヒーを飲みに移動。 市民会館です。ここもプラハといえば、の有名なスポット。 まずはカフェが有名。すごく大きな吹き抜けのある店内。 (ひ、、一人女子でお茶している日本人発見。。。ど真ん中のテーブルで) ケーキがとに…

DAY4: お昼ご飯

四日目。 いよいよプラハ本陣巡りが本格的にスタートします。 この日はおにーちゃんがお仕事なので、友達(妹)と私はランチに合流。 (本当に毎日毎日ありがたいです) やっと観光地らしい観光地、旧市街の中心へ。 友達(妹)は時間にルーズで、おにーちゃ…

DAY3: お夕飯

さて、クトナーホラからプラハに戻ってきました。 一度家に戻ってから、徒歩圏内で行けるところへお散歩がてらお出かけ。 この辺は高級住宅地なのか、静かでおだやかで落ち着いている界隈でした。 見事な古い建物です。 (一階だけ修復してるみたいですね) …

DAY3: クトナー・ホラ

プラハに着いて三日目。友人はまだまだ私を休ませてはくれません。 次はまたプラハの郊外、クトナーホラという街に連れて行ってくれました。 クトナーホラはチェスキー・クルムロフと同じく人気の郊外にある観光地。 チェスキーほど大きく壮大ではありません…

DAY2: Goran Bregovic

さて、チェスキー・クルムロフからの3時間のドライブを終え(寝ないで助手席役を務めた自分を褒めたい)、時間がないとかで一度おうちに帰る間もなく直行で市内へ。コンサート前のアペリティフに行きます。 ここはコンサートホールの入り口があるアーケード…