世界ふらふら放浪記

雑記と人生の備忘録

マッチ箱を集めたようなカラフルな場所へ

 

 

 

 

ある日隣りの席に派遣社員の人がやってきた。

隣りの席とはいえ同じ部署ではないので仕事で関わることもなく、特に会話もないまま数日が過ぎた。当時私は自分の仕事以外に三つの部署の案件を同時に抱えていてとにかく余裕がなく、上司からはかなり強めのプレッシャーを与えられていたので文字通り息つく間もなく働いていた。そんなふうに一日が終わる頃になってやっと、隣りの席の人の存在を思い出すのであった。

元気ですかと声をかけると、その人も慣れない仕事で余裕がなく、張り詰めた一日の終わりの会話がホッとするといった。それからはまるで空気のように隣りにいるのがごく自然な存在となり、私たちはじわじわと仲良くなっていった。

 

グアナファトはその人から教えてもらったメキシコの中部にある街である。

「マッチ箱を集めたようなカラフルな街」と見出しのついた雑誌の写真を見てすっかり度肝を抜かしてしまい、いつかメキシコに行ってみたいと言いあった。彼女は実際に写真家兼宝飾デザイナーみたいなことを生業としていて、派遣で働いているのはその個展資金を集める為だった。事実、彼女ならきっとストーリー性のあるかっこいい写真を撮ることだろう。

 

最後に会ったのはおととしの年末、12月29日に恵比寿にある和食屋さんでささやかな忘年会をした時で、毎年一年の終わりに会うのが私たちのルーティーンになってもう5年くらい経っていた。翌年は個展の10周年という節目を目の前にして、彼女は本当にやりたいことと今やっていることが完全に相反してしまわざるを得ない現実と空回りする人生をなんとかやり過ごしながら生活していた。その翌年は私の方が慌ただしくなり、せっかくの大事な節目の個展にも行けずじまいとなり個展もそれ以降開催していないのでずっと会えていないのだけど、はるか昔に一つだけ約束していることがある。

 

それは、万が一今後お互いそれぞれの事情で会えなくなる日が来たとしても、私は結局のところいつも味方でいることを忘れないでほしいということ。

人にはそれぞれ感情のコンディションがあるだろうし、様々な局面において優先順位や抱える問題も変わってくる。

相手も自分もみんながいつも同じ歩幅で歩いているわけではないのだ。

 

 

だからこうして会えずにいても不思議と不安もないし、

たまに思い出しては、ただただ、元気でいてくれたらいいなあと思う。

やるせない痛みや小さな絶望や悲しみを、溶かして流して憂いに変えていけるように。

 

 

 

f:id:beabea-journey:20201018120510j:plain



 

 

 

雑記 続444

どうも。

平熱が35.4のbeabeaです。

先週から鼻水が垂れまくり微熱(と言ってもせいぜい36.7)もあり、コロナか風邪か季節の変わり目のアレルギーか全く判断がつきませんが、安全をとって今週は在宅で働きたい。

 

ところで先日4:44の話をしましたが、あれからまだこの4:44の連鎖が止まらず、今でも明け方に夢で目を覚ましたり会社でふと時計を見ればやっぱり4:44なのであります。遂にGoogleで調べてみると驚くなかれ、4:44に目がさめる人が世の中にはたくさんいるようなのです!!不思議だなあ〜。アンラッキーというよりは、勘が冴えてるのかもしれない。

 

このところやる気なし子なもんで、ブログの更新だけじゃなく生活ももっぱら停滞中。休みがあってもなんか疲れる。何もしてないはずなのに「もっと何もしたくない」と思っている。我ながらひどい。

 

 

どうでもいい話だけど、長芋を細く千切りにして海苔をかけてポン酢で食べるの美味しいね。

 

では次回はメキシコ旅紀行更新します。

 

 

f:id:beabea-journey:20201011220942j:plain

 

外国のチョコで一番大好きなDaim。今日一テンションを上げてくれたもの。

先日IKEAで両手に溢れるほど買いだめしてきました。

大袋は売り切れで、再入荷はいつになるかわからないとのこと(もう生きていけない)。

国内ではIKEAでしか買えませんが、免税店でもある時とない時があります。