世界ふらふら放浪記

雑記と人生の備忘録

T氏

さっき帰ってきてテレビ見てたら、T氏の人気度が4割を切り、ほとんどの米国人が「嫌い」と思っているとのリサーチ結果を見ました。


イメージ 1



問題は、それでも彼のようなナチズムあるいはレイシストとも言える発言を支持している人が意外と多いということです。それだけアメリカ人がフラストレーションを抱えているということではないでしょうか。



私の友達はT氏支持派です。
理由は「人々が公然と口に出せないようなことをはっきり公言してくれるから」。
賛同できるかできないかは別としても、説得力あるなと思いました。





だけどアメリカにアメリカンドリームがあったような時代はもうやってないのだろうという点では一致しています。T氏にそこまでの期待はしていないようです。なんだかんだ言っても世界を牽引するほどの強さを持つ米国。強いリーダーシップ力を多くの有権者が求めているということなのではないでしょうか。


ついでに言うと日本も国民投票制度にして欲しいです。
私は期日前投票、DONEです。