世界ふらふら放浪記

雑記と人生の備忘録

2012-11-23から1日間の記事一覧

幻影の書/ポール・オースター

まだ読んでないのに気付いたら文庫になっちゃって。 オースターはお気に入りの作家の一人で、過去の作品は初期も含めかなり読んでいますが、この作品も久しぶりに琴線に触れるような作品でした。映画に対する思いとか、家族を失う喪失感とか、とりかえしのつ…

回転木馬のデットヒート/村上春樹

私がさっき書いたような夢をみたのはこの短編を読んでいたせいかも。 これに「タクシーに乗った男」という短編があるのですが、私はこれがいたく気に入っています。 そして同時に、友達の話を思い出すのですね。 二つの話がシンクロして、なんとも言えない気…

塔のある街

それは東京に似た街での三ヶ月の滞在でした。 1人でその街を訪れた時は、多分季節は冬に近い秋でちょうど今頃の季節だったように思います。 その街の郊外にはおさななじみの友人が住んでいて、子育てに追われて日々忙しそうでした。ある日待ち合わせる時に…